転職前のお仕事

ダイレクトマーケティング(D2C)領域に特化したデジタルエージェンシーでクリエイティブディレクションを担当。

転職検討のきっかけ

前職がダイレクトマーケティング領域に特化していたこともあり、ニーズが顕在化している顧客向けの獲得型広告(GDN/YDN、SNSなど)のクリエイティブ制作が業務の大半を占めていた。一方、Fさんは将来的にマーケティング全体に関わりたいと考えており、そのためにはこれまで経験していないトップファネル(認知)やミドルファネル(興味関心)に関する施策を経験する必要があるのではないかという問題意識をもつようになった。

人材紹介会社選び(マルニを選んだ理由)

Fさんがご自身でも考えていた獲得型広告(ロウワーファネル)の知見を武器に、トップファネル、ミドルファネルに関わっていくという方向性は正しいと思われた。ただし、Fさんのご経験でクリエイティブディレクターという肩書を持ってそれなりの規模感の支援会社で統合的なコミュニケーションプランニングを担当するのは入社ハードルがかなり上がってしまう。そこで、まずは営業(アカウントプランナー)として総合広告代理店に入社し、全体観を養うというキャリアプランに納得いただけた。

転職活動のポイント

どの企業もデジタルマーケティング人材を積極的に採用しているフェーズであったため、数多くの内定を獲得。進路候補としては①総合広告代理店の営業、②総合広告代理店のデジタルメディアプランナー、③PR代理店のデジタル事業推進などが考えられた。どのポジションも魅力的なものであったものの、やはり前述した全体観を身につけるべきというキャリアプランに立ち返り、①の総合広告代理店の営業を選んだ。
担当コンサルタントのコメント
Fさんが入社した総合広告代理店は「絶妙なサイズ感」であると言われています。総合広告代理店のスケールメリットを享受しつつも、上位1、2位の会社ほどは組織が細分化されておらず、モチベーションさえあれば、肩書に縛られずさまざまなチャレンジが可能です。コミュニケーション全体をプロデュースするという観点で、戦略策定からメディアやプロモーション、PR、クリエイティブまで経験していただき、広告マーケティング業界のキープレーヤーを目指してください。

転職前のお仕事

ITベンチャー企業のマーケティング部署にてマーケティングを担当。

転職検討のきっかけ

マーケティングの上流工程に関わるために、前職の広告代理店からITベンチャー企業に転職。マーケティング担当となったものの、業務内容は経営陣が設定した戦略(戦術寄り)の実行が大半で、WEB動画の制作やウェブサイトの改修など作業ベースのものが多くなってしまっていた。

人材紹介会社選び(マルニを選んだ理由)

Tさんの所属しているマーケティング部署に権限がそこまで与えられていない状況について、意思決定に携わる経営層の方が広告マーケティングの知見が少ないことに起因するのではないかという仮説を立てた。それに対してTさんはかなり研究熱心で積極的な方だったので、何かを提案すれば提案するほど軋轢が生まれてしまっていた。Tさんには、広告/マーケティングの力を信じている企業がふさわしい旨を伝え、選択肢のひとつとして大手広告代理店の統合プランニングポジションを提案した。

転職活動のポイント

Tさんは広告代理店のクリエイティブおよびデジタルプランニングセクションに在籍していた経験もあったので、即戦力としてすぐに内定を獲得。ただし、広告代理店→事業会社のマーケティング部門→広告代理店という進路がキャリアの後退になるのではという懸念を抱いていた。内定が出た大手広告代理店はマルニと付き合いの深い企業だったので、局長/部長クラスの方と会食や面談を設定し、業務がこれまでの焼き直しにならず、Tさんとしてもチャレンジな内容となるよう調整を行った。
担当コンサルタントのコメント
Tさんは広告業界でかなり評価の高い方だったので、受験企業の選考でお手伝いすることはほぼ何もなく、そのぶん今後のキャリアプランについて壁打ちさせていただきました。Tさんのサポートをするなかで、広告マーケティング支援会社の方が事業会社に移られる際、条件面以外で確認すべきことがひとつあると感じました。それはその事業会社が広告マーケティングの力を信じている企業なのかということです。一人ではなかなか検証しにくいと思いますので、そのようなときはセカンドオピニオンとしてマルニもしくは私個人にぜひご相談ください。

転職前のお仕事

中堅ウェブ制作会社でウェブディレクターを担当。業務内容はコーポレートサイトの部分改修など。

転職検討のきっかけ

グラフィック系プロダクションや外資系プランニングブティックのアシスタントディレクターを経て、中堅ウェブ制作会社に入社。新卒に近い年次だったこともあり、日々の業務は新鮮で成長を実感できていたものの、コーポレートサイトリニューアル案件が中心であったため、在籍1年が過ぎた段階でやれることに頭打ち感が出てきてしまっていた。

人材紹介会社選び(マルニを選んだ理由)

コピーライティングやプランニングなどに興味があり、広告業界を志した方だったので、これまで経験してきたウェブディレクションスキルを活かして、クリエイティブ/プランニング領域も担当できる広告代理店グループのウェブ制作会社で経験を積むことを提案。ディレクションに軸足を置きつつも、少しずつ思い描いていた広告プランナーへとシフトチェンジしていくキャリアプランに魅力を感じていただけた。

転職活動のポイント

ウェブ制作スキルだけではなく、広告クリエイティブ/プランニング業務への情熱が問われる企業であったため、履歴書や職務経歴書、ポートフォリオとは別にそれらを伝えるための企画提案書を作成。Aさんの業界への想いを語ってもらい、現場の部門長の方に好意的な印象を与えることで、内定を獲得した。
担当コンサルタントのコメント
Tさんは広告業界で働くことに強い意志を持っていたものの、所属していた企業の経営状況などにより、キャリアが思ったように積みあげていない状況でした。お話していくと、物事を諦めずにやり続ける強い意志をお持ちだったことから、20代で安心して修行できる場所さえ整えれば、どこかで必ず覚醒するだろうと思いました。その後、転職先の企業でも努力が認められ、親会社(広告代理店)のクリエイティブ局に出向が決まり、デジタル領域だけにとどまらずプランナーとして活躍し始めているようです。

転職前のお仕事

インフルエンサープロモーションの営業。

転職検討のきっかけ

新卒入社から3年間で営業としての基本スキルを身に着けたため、新しいチャレンジを模索していた。

人材紹介会社選び(マルニを選んだ理由)

インフルエンサーPRでの経験をより広範なPR/アクティベーション領域に拡張していくという提案に魅力を感じたため。また、PRだけにとどまらない、広告代理店におけるPRプランナーの業務の多様さにも惹かれた。

転職活動のポイント

PR経験はなかったが、リレーションづくりが重要な領域ということもあり、持ち前のコミュニケーション能力をアピールすることで、採用部署の方に活躍イメージをもってもらうことができた。

担当コンサルタントのコメント

誰ともでもすぐに仲良くなれるSさんはお会いしたときからPRに向いている気がしていました。何人かいる共通の知人からSさんの近況を聞いても、評判がよく、やはり自分の感覚は正しかったようです。

転職前のお仕事

大手CM制作会社でプロダクションマネージャー

転職検討のきっかけ

就職活動時に総合広告代理店を志望していたが、一歩及ばず。CM制作の道に進むが、制作領域だけなく、上流のマーケティングコミュニケーションに携わりたいという想いが強くなった。

人材紹介会社選び(マルニを選んだ理由)

マーケティングコミュニケーション領域で活躍するために、いま持っている制作スキルに加えて、戦略やメディア、PR、アクティベーションなどさまざまなスキルをバランスよく吸収していくべきというキャリア戦略の提案に納得性があったため。

転職活動のポイント

CM(映像)制作に特化したキャリアだったので、これまで経験してこなかったメディアに関する経験を積みたいという意向が強くなっていた。タイミングも相まって、大手広告代理店グループのメディア会社にアカウントプランナーとして内定。
担当コンサルタントのコメント
CM制作会社からメディア会社に営業として転職するのは珍しいですね。次の会社はオンオフ統合で顧客の課題に総合的に向き合える環境です。やりがいがある反面、マス・デジタルどちらの知見も求められてチャレンジングかもしれませんが、プロダクションマネージャー経験で培ったコミュニケーション能力を活かしてがんばってください!

転職前のお仕事

展示会などに強いイベント制作会社にてクリエイティブ職

転職検討のきっかけ

デジタルテクノロジーを活用したイベントプロモーションの制作を数多く手掛けてきたが、より上流のコミュニケーションプランニングに携わりたくなった。イベントプロモーションのプロジェクトは広告代理店がある程度の企画フレームを固めているケースが多く、そこに携われないことが歯がゆかった。

人材紹介会社選び(マルニを選んだ理由)

Uさんの持つスキルセットへの理解度が他のエージェントと比べ高かったことに加え、はじめての転職に際してブレてしまいがちな、キャリアの軸に沿ったサポートを徹底したことが決め手となった。

転職活動のポイント

イベント会社という出自から苛烈なプロジェクトへの耐性、デザインへの知見に加え、さらにプログラミング経験もお持ちだったので、DXコンサル企業におけるプロジェクトマネージャーポジション(常駐/BPO)で高年収のオファーがあったが、お話を伺う限り、Uさんのやりたいことはこれまで培ったクリエイティブ×テクノロジーの知見をさらに磨きあげていくことだと理解したので、デザイン/テクノロジーを理解したクリエイティブディレクター/テクノロジストをめざすというキャリアプランを設定し、大手広告代理店の統合プランナーがネクストキャリアとして望ましいというアドバイスを行った。

担当コンサルタントのコメント

ご自身でもデジタル技術を生かしたメディアアート系のコンペに応募し入賞するなど、お仕事に貪欲な方でした。そう遠くない未来、Uさんが担当されたプロジェクトが世界的な広告賞を獲得する、なんてこともあるかもしれませんね。これからも情報交換させてください!